耐震|新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市

耐震|新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市

高気密・高断熱

標準仕様で、耐震性能は最高等級(3)相当

標準仕様で、耐震性能は最高等級(3)相当

耐震等級とは?/3段階で評価された、住宅の耐震強度を表す基準のことです!

建築基準法

○耐震等級1 (一般的な住宅の耐震性能)

●過去に日本で発生した大規模な地震規模(震度6強~7程度を想定)に直面しても、住宅が倒壊・崩壊しない。
●比較的大規模な地震(震度5程度を想定)に直面しても、住宅に損傷が発生しない。

○耐震等級2 (病院や学校など避難所となる建物の耐震性)

●耐震等級1で想定した地震の規模の1.25倍の地震に直面しても住宅が耐えられる。

○耐震等級3 (消防署・警察署など防災の拠点となる建物の耐震性)

●耐震等級1で想定した地震の規模の1.5倍の地震に直面しても住宅が耐えられる。

トリプルハイブリット工法

  • 木造軸組工法
  • 2×4工法
  • ドリフトピン工法

耐震化木造軸組工法「トリプルハイブリット工法」

トリプルハイブリット工法

設計制限を受けず、リフォームの場合も対応しやすい在来軸組工法をベースに耐震という面では強さがあるツーバイフォー工法、更に在来工法の欠点を無くしたドリフトピン工法、それぞれの特徴を活かしたものがTOYOの工法となっています。  まず構造自体はドリフトピン工法で強度を高めた在来軸組工法を用いて構造の強い骨組みにします。 軸組工法で必要になる筋交いの代わりに、TOYOではツーバイフォーの耐震性を得るために、 構造材の外が和に耐力壁となるパネルを張り詰め、なおかつ必要な部分には筋交いを施工します。
これで軸組工法とツーバイフォー工法の良さを合わせたことになり、地震や火災に強い家の構造が完成します。
ほとんどの住宅で最高等級の級耐震等級3をクリアしています。

ベタ基礎

公庫基準の1.25倍の厚さ

耐圧盤基礎(ベタ基礎)

ベタ基礎とは、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎のことです。 家の荷重を底板全体でうけとめ、面で支えます。またコンクリートは熱を伝えやすい性質を持つため、 玄関・お風呂場など基礎と直接触れている部分は冬場に冷え込むことがあります。 それを防ぐために断熱材を入れ、冷え込むことを防いでいます。

公庫基準の1.25倍の厚さ
ベタ基礎は他にも地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぐ効果があります。

東洋ハウジングのベタ基礎はとても丈夫!

公庫基準の1.25倍の150mm基礎幅にすることで剛性も増えました。
地震が来てもビクともしない強固な基礎が建物の躯体を守ります。

地盤サポートシステム

確かな安心は確かな地盤から

東洋ハウジングでは地盤調査にもこだわっています。

住まいづくりのチェックポイント
地盤にも責任の品質保証

3つのメリット

3つのメリット
お引渡しより20年間保証する地盤サポートシステム

万が一沈下事故がおこっても安心

● 調査(工事)からお引越しまでの期間(適用条件) 3年以内
● 1事故あたりの限度額 5,000万円
● 仮住居費用 200万円
● 事故原因調査費用 200万円
● 免責金額 なし
● 引受保険会社との保険契約 20年一括

 東洋ハウジングの家づくりを知る

 東洋ハウジングの家づくりを知る

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市ページトップへ戻る