木のまちプロジェクトお問合せはこちら

地球温暖化防止×林業再生×地域活性化

木のまちプロジェクト

温室効果ガス削減が世界的に急務の中、CO2を大量に吸収し排出量を大幅に削減できる木造建築が近年注目されています。大型施設建設を従来のRC造から木造に転化、木造建築物の拡大で大幅なCO2削減・国産材木利用による雇用創出、地球環境・地域活性を建築の視点からアプローチする新たな挑戦のため「木のまち」プロジェクトは発足しました。

プロジェクトを加速させる

特建事業部の設立

東洋ハウジングの特権事業部は木造建築を用いた中高層ビル・店舗・賃貸物件・公共施設など住宅以外の特殊建築物をメインに扱う部署です。
地域密着の家づくりで長年培った豊富な経験と知識で地球環境に優しく、木造建築ならではの低コストでオーナー様の事業拡大、地域活性に貢献します。
皆様により身近に「木造大型建築」を感じていただくため、東洋ハウジングは自社本社ビルにてモデルハウスならぬモデルビルの建築工事をスタートします。

日本が世界に誇る木造建築技術
長年培った技術で東洋ハウジングは
千葉から世界へ発信する

木造建築の
オールラウンダー
を目指します

東洋ハウジングが考える

「 kinobiru 」

建設から未来を変える
カーボンストックサイクル

木は、大気中の二酸化炭素(カーボン)を吸収したあと固定(ストック)します。すると、大気中のカーボンが減ることになり、ひいては地球温暖化を防ぐことになります。現在、国の木材が使われにくい状況にあり、せっかくの樹木が無駄になっています。積極的に国産材を使用することで、地球に優しい社会を作りたいと考えています。

Carbon  Stock Cycle 植 林→育 林→伐 採→建材利用
Merit
地球儀

地球温暖化の抑制

木材のCO2を取り込み炭素として樹木内部固定する機能を建材に利用することで、CO2削減に貢献が期待できます。

Merit
お金

基礎工事費
低コスト化

重量が従来の鉄筋、RC造よりも軽いため、支えとなる基礎工事費を安くすることが可能となります。

Merit
リサイクル

「 林業×地域 」
活性化

木造大型建築が増えることで、利用が少なくなった国産建材の利用量が増加、地域企業、林業の活性化につながります。

木

カーボンストック工法を用いた
木造建築拡大で
温暖化抑制×
雇用の創出×
コストダウン

人に、地域に、
地球に優しい
理想的な
建築サイクルの構築します

安心×機能性を両立した

東洋ハウジングが
提案する未来の木造ビル

Concept

豊かな暮らし、そして地球に優しい世界のためCO2削減となる国産材の使用により木造のビルを建てることにしました。

ビルの画像

Floor
Design

1F

テナント・エントランス

2F

東洋ハウジング本社事務所

3F->14F

賃貸マンション(ワンルーム)

3F->14F

賃貸マンション(ファミリータイプ)

15F

コミュニティルーム

Structure

ブリヂストン免震ゴムを採用

地震による建物の損傷を防ぎ、木のビルでの暮らしや経済活動の快適さ、安全性を維持します。

コイル
一般的な耐震構造 免震構造

免震構法とは?

地震の揺れを”受け流す”仕組み建物と基礎との間に免震装置を設置し、地盤と切り離すことで建物に ”地震の揺れを直接伝えない構造”です。建物自体の被害を防ぎつつ、室内の家具の転倒や破損を抑えることができるので、地震時の安全確保がしやすい構法です。

耐 火

耐 火画像

空気が触れる面は、全て強化石膏ボードで覆っており二時間の耐火性が認められています。(2~11階)

お問合せ

「木のまちプロジェクト」に関するご相談お問合せは
お気軽に特建事業部までお問合せください。

部署名:東洋ハウジング特建事業部
電話番号:047-498-6481

お電話でのお問合せ

お問合せ対応時間10:00~17:00
定休日:毎週水曜日・木曜日

©toyo-housing All Rights Reserved.