fbpx

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

スタッフブログ

Data:22.06.19

【流山おおたかの森】父さん、注文住宅の設計は〇〇〇視点がないと失敗する訳で…

6/19(日

流山おおたかの森

天気は・・・

晴れ  

庭先や道端には色とりどりの

紫陽花が咲き誇り、

全国的に少し遅めの

梅雨入りとなりましたね。

 

今日はとにかく、暑い!

梅雨の晴れ間で今日は父の日。

皆さんは、父の日に何かしますか?

身近な親父6人に聞いた

父の日の過ごし方・三選

①家族で外食

②家でゆっくり過ごす

③何もしない(仕事)

 

一番多かったのは「家族で外食」

子供が大きくなると一緒に出掛けるのは

なかなか難しいかもしれませんが、

一緒に住んでいる間は、

父の日くらいお出かけせずに

家族団らんを楽しみましょう。

 

なんだかんだと言ったて、

世のお父さんたちは

子どもと一緒に

ごはんを食べられたらうれしい

と思うものですよ。

 

コロナが落ち着いて、

今なら外で久々に…

もいいですが、

 

やっぱり、おうちで

勝手気ままに、自由に…

気を遣わず…

家族みんなでゆっくりと

 

これが、最高ですよ!

 

住まい造りも同じ。

 

自由が最高!

注文住宅が最高!

 

と言いたいのですが、

ちょっと待ってください。

 

そうとも言えない事が、

起きてますよ。

 


自由設計は、

良い住宅設計なのか?

注文住宅において

お客様の希望を叶える方法として

 

「自由設計」

 

「フリープラン」

 

「何でもできます」

 

などと標榜する

住宅会社がたくさんあります。

 

かくいう私たちもそのひとりです。

 

果たして、

これが注文住宅の設計として、

良い設計につながるのでしょうか。

これとは真逆で

 

3,000プランから選べます

 

特選プラン集

 

から選んで設計を進めることは、

注文住宅の設計としては

悪いことでしょうか?

 

そもそも注文住宅の設計とは、

どういう設計が良い設計でしょうか。

 

自虐的な話題ですが、

考えてみたいと思います。

 


何をもとに設計するの?

 

住宅設計与条件内で

お客様の要求をまとめること。

 

これは、設計与条件といって、

設計業務委託をする際の

建築物の設計に必要となる

条件のことです。

 

一般建築では当たり前ですが、

注文住宅設計には

当てはまらないことが多いです。

 

設計与条件内で、

お客様の要求をまとめることが設計。

 

ということは、

言い方を変えれば

 

設計与条件内でお客様の

言いなりに行う設計。

 

ということになります。

 

注文住宅は、

お客様の現在から未来の暮らしに

フィットした

住空間を設計することです。

 

しかし、一般的には、

お客様は現在から5年先までの

将来しか見通せていません。

 

20~30代で家を建てて

そこに一生涯暮らす現実を

リアルに想像したら…

 

この時とばかりに

あれこれと要求しちゃいますよね

 

注文住宅はお客様の

暮らしの容器

とシンプルに考えるとき

お客様は自身の暮らしを

理解されている

ことを前提にすれば

お客様の要求をまとめることは

確かに良い設計です。

 

問題は…

ほとんどのお客様は

お客様は自身の暮らしを

理解されていない

ということ。

 

従って「お客様の要求」に従って

プランをまとめることは

単なる思いつきの情報も含むのです。

 

お客様ご自身の暮らしに置き換えて

検討することなく、

モデル住宅の「いい感じ」

「お客様の要求」として

丸飲みして設計を進めることは

良い住宅設計なのか?

という疑問が生じます。

 

設計者はプランを取り纏める上で

部屋数と面積、隣り合う部屋などの

情報があれば設計可能です。

 

4LDKで各部屋の広さはどうか、

それが総施工面積内に収まっていれば

はい、出来上がり!

 

こうした流れで設計打合せが

進めがちです。

 

良い設計とは、

何に基づく設計なのか?

という問いです。

 


お客様の暮らし視点の住宅設計

注文住宅は、

お客様の暮らしのうつわ(器)

です。

 

うつわの中身である暮らしが

理解されていないと

注文住宅の良い設計は

できないということです。

 

残念ながら、

お客様は自身の暮らしが

見えていませんから

「暮らし」という設計根拠

がないままに

設計を進めることに

なっています。

 

それでは「暮らし」とは何か?

 

「暮らし」を

シチュエーション別で

考えてみると…

 

1.シーン

2.コ ト

3.人 物

 

具体的には…

 

ウッドデッキで

→これはシーンですね。

 

朝食後にBBQの準備をしていた。

→コトに当てはまります。

 

その時、夫と息子は庭で火起こし。

妻と娘はキッチンで、

食材の準備中

→妻や娘は、登場人物です。

 

といったように

シーン⇒コト⇒人物

暮らしが立体的に見えてきます。

 

この現状の暮らしの実態から

新しい住まいではどうしたいのか。

 

例えば…

 

準備するキッチン対面式が良いのか?

 

カップボードとの距離感は、

広いほうが良いのか?

 

キッチンからウッドデッキは、

見渡せると良いのか?

 

などなど

 

具体的な新しい住まいで

実現したい暮らしのコト

お客様と共有化する

プロセスが必要です。

 

注文住宅設計業務の

最も重要なことは

お客様の暮らし視点からの

設計です。

 

それには

お客様自身が

現状の暮らしに気づいて、

新しい住まいでは、

どう暮らしたいのか?

 

このポイントに気づいて頂き、

整理していくことです。

 


お客様と実現したい

暮らしを共有化する

住宅設計着手前に

お客様の実現したい暮らしを

共有化して

これに基づく住宅設計をすることが

注文住宅の良い住宅設計です。

 

お客様の実現したい暮らしを

共有化することが、

注文住宅設計の最重要ポイントです。

 

住宅設計業務を

狭い範囲で言うならば

 

お客様の要求を

建築与条件内で図面化すること。

注文住宅における良い住宅設計は、

その業務の大半は

お客様の実現したい暮らしを

共有化することが中心になります。

 

何度も設計変更を繰り返して

いつまでもプランが固まらない。

 

あれもこれもと要求が増えて

面積&予算オーバーになる。

 

という主な原因は、

お客様の実現したい暮らしを共有化

されてないことが考えられます

 


ま と め

 

良い注文住宅設計というのは

お客様の暮らし視点で

進めることということですが、

厄介なことに、

この姿が見えない「暮らし」

基づく設計という注文住宅設計は、

建築設計のあらゆる分野で

最も難しい設計です。

 

暮らしも

シーン⇒コト⇒人物

分解すれば、

具体的にその姿をお客様と

共有化することもできます。

 

 

 

 

 

 


流山おおたかの森で

江戸川台で、初石で

暮らすヒントが満載

-Check!!-


あわせて読んでおきたい!


―スタッフ・ブログ―

―バックナンバーはこちら―


ー 住まいづくりメルマガ ー

流山発!工務店との家づくり

~OK!Cozy up!~

配信希望はこちらへ


 

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市ページトップへ戻る