新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

スタッフブログ

Data:20.02.15

【流山おおたかの森】 東神開発vsダイワ SC戦争の仁義なき戦い。その結末やいかに… 

流山おおたかの森は、

ズバリ、くもり☁

ここのところ、春の陽気と思いきや

夜になると冷えてきますね。

 

春めいてくると、

花粉の季節の幕開け。

 

いやー、ホント困りものです。

 

昨年から花粉症の認知をして、

晴れて仲間入りを果たしました。

そんな中、ホットな話題が。

 

おおたかの森に

新たな

ショッピングセンターが

くぅるぅ~♫

お! どこに??

ここです、ココ!

☆マークは新設です

東神開発は西・南口に3


つくばエクスプレス

東武野田線の

流山おおたかの森駅周辺では、

駅に近接する「商業地」の

開発計画が出そろいました。

 

ダイワハウスは西口に

S造3階建て塔屋1層2棟

総延べ3万3402㎡の

商業施設の

新築を計画しています。

 

高島屋子会社の東神開発は、

西口と南口に

計3棟の開発を進めています。 

 

駅周辺の約275haは、

都市再生機構(UR)が

新市街地地区一体型

特定土地区画

整理事業を施行して、

18年度までに土地処分を完了。

 

19年5月には

換地処分を公告しました。

 

URが売却した土地については

引き渡しから原則5年以内に

施設を完成・供用させることが

義務付けられています。

===============
ダイワハウス

西口に計画する商業施設は

(仮称)流山おおたかの森

B35街区

商業プロジェクト

新築工事

 

2棟で構成し、

北側の大きい施設は1階に

スーパーマーケットや食物販、

ドラッグストア、フィットネス、

飲食、カフェ、

2階に家電やインテリア、

衣類、100円均一、

靴、スクールなど、

3階の一部にクリニックなどの

店舗を設け、

3階の大半と屋上は

自走式駐車場となります。

 

南側の小さな施設は

1、2階に計8飲食店舗を

配置する計画。

建築面積は1万2111㎡。


建設地は

おおたかの森西1-15-3

(新市街地B35街区1画地)の

敷地2万0453㎡。

URによる18年7月の入札で

ダイワハウスが

50億0500万円で

落札しており、

募集要領上の

土地引き渡し時期は

2020年3月下旬です。

===============
一方、東神開発は、

南口に07年3月オープンした

流山おおたかの森S・Cを皮切りに

駅周辺で商業・業務施設を

相次ぎ開発してきました。


今回建設する3棟のうち

南口近接のA3街区は

ファミリーが楽しめる

約30の専門店を新築。

規模はS造地下1階

地上6階建て

延べ約1万1300㎡で

同S・Cと歩行者デッキで接続。

21年春の開業予定。


西口近接のB45街区では、

S造10階建て

延べ1万0278㎡の

ワークスペースや

健康・教育などの

複合ビルを新築。

敷地形状に合わせ、上空から見て

S字型の施設形状となる。

各階に建物周囲を覆う

テラスを設けており、

そのテラスは階ごとにサイズを

変えたデザインとなっている。

8月の着工、

21年秋の開業を予定。


西口の幹線道路沿いの

B43街区では、

S造地下2階地上4階建て

塔屋1層延べ2万0415㎡の

近隣向け

コミュニケーションモールを

整備する。

20年秋の着工、

22年夏の開業を

見込んでいます。


A3、B45街区の施設を

つなぐかについて

東神開発は

明らかにしていません。


このほかB45街区の

一部では

櫻調温工業(流山市)が

延べ4123㎡の

飲食店・スポーツ関連施設

完成時期は21年5月下旬。


ダイワハウス

店舗計画地北側では、

オークランド観光開発

延べ1万6851㎡の

竜泉寺の湯・流山店を建設中。

21年春の完成予定です。

===============

狩猟型 vs 農耕型

ダイワと東神の本気度は?

===============

流山おおたかの森駅

西口・南口の両エリアで

繰り広げられるSC戦争。

 

実は…

単なる商業施設の

乱発ではないんですね。

 

特に東神開発の本気度は本物。

もう一度エリアマップを

見てみましょう。

茶色は東神開発の施設。

赤色はダイワです。

 

おおたかの森エリアに、

高密度に出店攻勢

(ドミナント戦略)を

かけているのが分かります。

 

東神開発は、1963年、

日本初の本格的郊外型

ショッピングセンター

(SC)の開発にあたり、

高島屋を母体として

設立されました。

高度経済成長期、

時代のパイオニアとして

オープンした

玉川高島屋S・Cは、

たゆまぬ革新と成長を続け、

クオリティ及び

営業実績において

日本を代表するSCの

地位を維持しています。

さらに、

柏高島屋ステーションモール、

シンガポール高島屋S.C.の

開発・運営により、

グローバルな視点に立つ、

総合的なSC経営ノウハウを

進化させてきました。

===============

個人的な見解ですが…

ダイワハウスは、

SCにおいても、

全国展開していますので、

需要あるところに出店する、

いわば「狩猟型」

 

一方、東神開発は

エリアを絞って、

そのエリアを耕していく

「農耕型」でしょう。

つくばエクスプレスが開業後、

先行して開業した

流山おおたかの森SC。

 

SCの別館

こかげテラスに出店している

mikke!(みっけ)は、

流山市が主催する

女性向け創業スクールの

卒業生で、そのママさんが

創業したお店です。

東神開発が地域と連携して、

地域にあった需要創出している

「農耕型」の

よい事例といえるでしょう

mikke!のお店はこんな感じ。

===============

エリアの魅力

=子育て世代の活力

最大限に生かす戦略が、

流山おおたかの森の

更なる魅力向上に

繋がっています。(喜)

 

この続きは、またブログで!

===============

流山おおたかの森で

暮らすヒントが満載

-Check!!-

===============

あわせて読んでおきたい!

===============

―スタッフ・ブログ―

―バックナンバーはこちら―

#東洋ハウジング #ユイステ
#ミニ四駆 #流山ミニ四駆クラブ
#母になるなら流山市
#都心から一番近いもりのまち
#流山市 #流山おおたかの森

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市ページトップへ戻る