新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

スタッフブログ

Data:20.01.17

【流山おおたかの森】あれから。1.17追憶~震災に思う

流山おおたかの森は、

くもり☁

ときどき晴れ☀明日は雪予報のおおたか。

夕暮れがWONDER・4な

午後4時を過ぎました。

 

さて、1月17日は
阪神・淡路大震災が起きてから
25年になります。

 

1995年

1月17日午前5時46分、

兵庫県・淡路島北部を震源にした

地震が起き、

兵庫県を中心に

大きな被害が出ました。

 

戦後初めて

大都市を直下から

おそった地震で、

神戸市などで

震度7が

初めて適用されました。

左:阪神大震災で橋脚が折れ、

横倒しになった阪神高速神戸線

右:阪神大震災で、あちこちで火災が発生し、

激しく炎上する神戸市の市街地

1995年1月17日、神戸市東灘区

 

今日はこの当時を

少しだけ、

記憶を辿ってみたいと

思います。

 

この震災が起こった頃、

私はまだ大学生。

 

朝起きると、

報道各社の衝撃的な映像が

流れていました。

 

私の父は建築に

従事していたので、

この映像から

事態を呑み込めたようで、

映像を無言で見ていた

父の姿がとても印象的でした。

 

時間を追うごとに入ってくる

最新の映像と情報。

映画のような現実に、

自分自身、我が身を疑った

心境だったのを覚えています。

 

 

そして、神戸~被災地へ

程なくして、

東京都の建築士会より、

災害派遣依頼

(応急危険度判定)が

父の元に来ました。

応急危険度判定とは、

地震後、余震等による

建築物の倒壊や落下物、

転倒物による

二次災害を防止するため、

できる限り早く、

短時間で建築物の被災状況を調査し、

当面の使用の可否について

判定するものです。

 

判定は有資格者が対象です。

しかし、父は

「若手こそ、自身の目で

見る必要がある」と

建築士仲間の若手も

同行させることになりました。

私もその一員に、

加えてもらえる事ができました。

現地まで陸路。

車でいけるところまでいって、

派遣先の自治体まで歩きました。

どのくらい歩いたでしょうか。

 

到着後、指示通りに

判定業務を進めていきます。

残っている建物は

少なかったと記憶しています。

 

木造、鉄骨、RC造。

住宅、ビル、店舗、マンション…

 

その当時、現代の建築技術の粋を

集めて建造された建物たちが、

ある建物は道路に倒れ込み、

ある建物は、

原型を留めることなく倒壊し、

そして、火災によって

街は焦土と化していました。

 

「キナ臭い」

脳裏に焼き付く、

あの火事の匂いです。

 

神戸・永田周辺は

社会科の教科書に載っていた、

戦後の焼け野原の

写真のようでした。

 

 

住宅ではなく「獣宅」

その一角に残っていた建物。

木造2階建て

1階は2階に潰された状態で

残っていました。

 

その建物を私たちが

判定をしてた時、

おもむろに声を掛けられました。

 

「この家の下敷きになってな、

おかんは死んだんや。

あんたら、建築屋か?

家が命を奪ってええんか?

建築屋は人殺しや」

 

私たちは、ただ無言でした。

私は今でも忘れられません、

この時の言葉が、光景が。

 

この時の体験が、

建築に携わる者として、

今も私の心に

深く刻まれています。

 

本来、住まう人の

命を守る住宅が、

命を奪う凶器になる。

これでは、住宅ではない

「獣宅」だ。

地震・災害に強い

命を守る器(うつわ)を

造らねばならない。

これは建築の技術屋の使命だ。

 

父は震災後に、

よく私に話していた言葉です。

 

関西の震災の体験は、

私の今日まで建築に携わる意義を

明確にしてくれたのです。

 

あれから25年。

愛しい人が生きていたら…

という気持ちで聴いてみると、

心がただ震えます。

涙あふれてきます

合掌

↓ YouTube ↓

☆――――――――――――――――――☆

地震に強い住まい

構造が見学できます。

更地だったところに、

5つの個性光る

「住まい」が立ち上がります。

構造・完成見学会を開催決定!

ぜひお越しくださいね!

この続きは、またブログで!

===============

流山おおたかの森で暮らす

ヒントが満載

-Check!!-

子育ての街。家族・

ママが住みやすい、将来性のある
流山おおたかの森に住む

==================

あわせて読んでおきたい!

==================

―スタッフ・ブログ―

―バックナンバーはこちら―

#東洋ハウジング #ユイステ
#ミニ四駆 #流山ミニ四駆クラブ
#母になるなら流山市
#都心に一番近いもりのまち
#流山市 #流山おおたかの森

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市ページトップへ戻る