【流山おおたかの森】台風15号とイエシロアリの関係|新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市

【流山おおたかの森】台風15号とイエシロアリの関係|新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市

スタッフブログ

Data:19.09.11

【流山おおたかの森】台風15号とイエシロアリの関係

流山おおたかの森の天気は、

晴れ時々曇り

 

9月8日から9日未明にかけて、

台風15号が強い勢力を保ったまま、

関東を直撃、駆け抜けて行きました。

 

特に千葉の南エリアは、

未だに停電や断水が続いており、

被害の甚大さを物語っています。

東電は、今まで経験したことのない

設備の毀損状況により、日増しに改修規模が膨らみ、

かなり過小な想定をしてしまったと述べています。

 

今週末も温帯低気圧の進路によっては、

天候が荒れそうな予感です。

 

私が住んでいる葛飾では、

日付が変わるころから未明にかけて

風雨が窓ガラスを打ちつけて、

轟音が続いて寝てられませんでした。

 

ここ数年の記録的な猛暑や、

記録的な強さの台風、「線状降水帯」

という言葉を聞くようになったりとか、

子供の頃とは全く異なった気候になっています。

 

今の日本は「亜熱帯化」といっても

言い過ぎではなく、

昨今の自然災害の甚大さをみても、

未体験ゾーンに突入しています。

 

となると・・・

 

仕事柄、気になるのは

「イエシロアリ」の動きです。

イエシロアリは世界最凶の一種と

言われていますが、寒さに弱く、

主に関東以西の低地に生息しています。

 

その最北ラインは

「イエシロアリ前線」と呼ばれ、

1月の平均気温が4℃のライン」と

ほぼ重なるそうです。

これが徐々に北上しています。

 

私がこの業界に入ったころは、

まだ中部か静岡あたりが

いまは茨城県まで北上しています。

 

3世代・100年住み継ぐ、

長期優良住宅。

北上してきたイエシロアリ前線に

掛かるような地域で

建築される場合は、

抜かりないシロアリ対策を。

 

少なくとも住宅性能表示制度では

「劣化対策等級3」は

取得しておきたいものです。

 

あわせて読んでおきたい!

==================

―スタッフ・ブログ―

―バックナンバーはこちら―

#東洋ハウジング
#ユイステ
#ミニ四駆
#流山ミニ四駆クラブ
#母になるなら流山市
#都心に一番近いもりのまち
#流山市
#流山おおたかの森

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市ページトップへ戻る