fbpx

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング
受付時間|10:00〜17:00 定休日|水・木曜日

スタッフブログ

Data:22.04.22

【流山おおたかの森】ちょ待てよ~住まいを持つ意味って考えたことありますか?所有する目的が変化してます。

4/22(金

流山おおたかの森

天気は・・・

晴れ☀☁ 

あったかいを通り越して

初夏の陽気ですね。

気温は真夏日のようですから、

熱中症にはお気を付けください。

 

4/27にグランドオープン

COTOE流山おおたかの森

 

それに先がけて

ロピアおおたかの森コトエ店が

4/21(木)10時にオープンしました。

ロピアはお肉屋さん出身の

スーパーマーケット。

 

昨年OPENしたジャパンミートも

お肉屋さんですね。

 

流山周辺では、

南柏やモラージュにロピアが

ありますが、

安くて品揃えも豊富。

ちなみに、ロピアは

いつもニコニコ現金払い。

 

今どきは、カードや電子マネーが使える

お店も増えていますが、

現金だから安くなるんでしょうね。

 

カート利用時は100円硬貨が必要です。

安心してください!

使用後はちゃんと返却されます。

 

食品スーパーだけ数えると…

おおたかの森周辺は、

ロピアを入れたら7店目。

 

6月下旬OPEN予定のANNEX2には、

角上魚類と愉快な仲間たち

控えています。

 

ご家庭の食生活やライフスタイルに

マッチした選択肢がますます増えて

迷っちゃいますね💦

 


家を所有する目的が

変化している

一戸建住宅を持つこと

 

人生の大きな目標の時代から、

居住形態の多様化で

都市の生活を楽しむなら、

生涯都心に住み続ける前提で

分譲マンション。

 

一方、歳を重ねたら都心を離れて

田舎で自給自足の生活を。

 

などなど…

 

暮らし方の多様化により、

住まいはいらな人たち

までが現れています。

 

住まい方の多様化は、

よりパーソナル性を帯びて

ますますバラエテイーに

富むことでしょう。

 

今回は改めて住まいを所有する

目的と未来について

考えてみたいと思います。

 


自動車産業は

100年に一度の変革期

写真:Wikipedia(ニッサンサニー)

マイカーブームは

1966年の日産サニーと

写真:Wikipedia(トヨタカローラ)

トヨタカローラの発売で

火がつきました。

 

やがて一家に1台の時代を迎え、

さらに地方では車が無いと

生活できないほどの必需品になり、

「一人1台」の時代です。

 

いくら地方の地価が安いとはいえ、

敷地面積には限度があります。

一家に5台も6台もと言われると

住宅設計者は頭を抱えます。

 

それほどに「車は必需品で車社会」を

地方では形成しています。

 

一方で、都市部とその近郊においては、

「一家に1台か2台程度」ですが、

その稼働時間が少なく

買い替えサイクルが長くなってしまい、

自動車需要の視点で見ると

好ましくありません。

 

さらに、モノとしての信頼性が高く

故障もしないので、

買替サイクルは

ますます長くなっています。

 

また、車の運転よりスマホで

遊んだほうが楽しいという

デジタルネイティブ世代の

車離れなども重なり、

それならと車を購入することから

リースやレンタル、

サブスクまで登場するなど、

必要な時に必要な車種をという

目的別の使い方も

できるようになってきました。

 

そこにきて、

地球温暖化の問題解決を目指して

内燃機関からEVへという

「100年に一度の大変革」

が起こっています。

これをチャンスと捉えて、

テスラやソニーなども市場参入し、

これまでの自動車業界の常識が

変わろうとしています。

 


営業の常識を変えた

テスラ

例えば、自動車の営業スタイルも、

昭和の時代は足で稼ぐ

個別訪問して査定/見積という

訪問セールスから

大きく進化してきました。

 

お客様をショールームへ

呼び込んで試乗してもらって、

査定/見積というのが

現状の主流の営業です。

 

納車時にはセレモニーがあって、

花束をもらって社員総出の納車式。

 

懇切丁寧な取り扱い説明を

してくださるし、

数日経つと

「納車後のお車の調子はいかがですか」

電話がかかってきます。

まさに、至れり尽くせりです。

 

一方、テスラはというと…

 

スマホで在庫のあるモノを

注文すると運送屋さんの

トラックで運ばれてきて、

宅配と同じようにサインをするだけ。

 

取り扱い説明など一切

ありませんから、

「ドアのロックが外せない」

と途方に暮れることも…

 

これはスマホと同じ。

取説はないんだ!

 

と気づけば、

時間はかかるものの、

何とか動かせるようになり、

それも束の間で、

夜間にアップデートされて

使い方が振り出しに戻ります。

 

もはやスマホやパソコンと同じです。

 

デジタルネイティブ世代には、

この販売/納車方法の方が

慣れているのでしょう。

 

従来の常識は

常識ではないようです。

 


車の未来はどうなる?

未来の車は、移動中全自動で

運転しなくてよいのです。

 

無類の運転が好き

 

という人種には…

 

買う車がない

 

という未来が垣間見れます。

 

移動中はシートを倒して

ベッドルーム代わり

 

AV機能で生コンサートを

体感しながら移動する

 

窓から天井まで全面スクリーンで

オンライン会議もできる

 

などで

「移動中も有効な時間を過ごせる」

ということが車のコンセプトになる

未来のようですから、

 

人馬一体は非効率な時間

 

と言われえて排除されそうです。

 

使用目的が従来とはまったく

変わってしまう車の未来を見ていると、

住宅の未来はどうなるのだろう

と考えてしまいます。

 

イーロン・マスクのような

ゲームチェンジャーは

現状、住宅業界には見当たりません。

 

このまま惰性で

従来の住宅づくりをしているようでは、

ジリ貧の業界に成り下がるのも

時間の問題でしょう。

 


住宅はハード競争の時代が

終わったと考えた方が良い

あくまでも所感・雑感です。

捉え方としてですが…

 

ハードの性能は特徴ではなく、

あたり前の時代となりました。

 

その性能を使って

どのような暮らしを実現できるのか?

 

これが大切です。

 

特に暮らしの楽しみを家の外に

求める人々は

一戸建住宅を所有する意味を

見いだせないでしょう。

 

ハードの訴求は、

一戸建住宅を所有することが

当たり前とされていた

人生双六のあがりを

一億総中流時代が目指していた

単一価値観の時代です。

 

その中では

「家というモノの良さ」

セールスポイントでした。

 

しかし、今は住宅業界という

狭い世界の市場ではなく、

ボーダーレス。

 

業界を超えた目に見えない

競争が激化しているのです。

 

それは

暮らしをより楽しくしてくれるコト

 

れにお金を使います。

 

隣の工務店やハウスメーカーが

ライバルではもうないのです。

 

ライバルは…

スマートフォン

スマホなんですね。

 

手のひらに収まる小さな箱は

個々の関心事を

手軽に引っ張り出しては

楽しむことができる

魔法の箱です。

 


うれしい、たのしい、だいすき

心豊かな暮らしの競争時代

車が移動しながら

AVもゲームも楽しめて、

映画やTVもどこでも観ることができる。

 

それなら、

家なんかいらない!

 

という世代が増えていくのでしょう。

 

住所不定で全国どこでも

気の向いたところで在宅勤務ではなく

「車中勤務」可能です。

 

住宅ローンは圧縮したいが

スマホ代は払うという

現象が既に起こっていますから、

とうに住宅のライバルは

スマホですが、そう遠くない未来に

もっと手ごわい近未来の車が

一戸建住宅のライバルになりそうです。

 

今後、非婚・晩婚化は進み、

住まいは「必要ない」という世代が

確実に増えることでしょう。

 


ま と め

 

身近な例で自動車業界、

クルマの未来をお話しました。

 

家を所有することの変化の最終形は、

今の常識では想像もつかない、

とんでもない予感はします。

 

スマホや近未来の車に対抗して

 

暮らしを楽しみ

人生を楽しむ住まいの実現

 

を求めて、

私はお客様と一緒に考えていきたい

と思います。

 

あ、無論、私は所有派ですけど、

モバイルハウスも興味あるなぁ💦

 

 

 

 

 

 


流山おおたかの森で

江戸川台で、初石で

暮らすヒントが満載

-Check!!-


あわせて読んでおきたい!


―スタッフ・ブログ―

―バックナンバーはこちら―


ー 住まいづくりメルマガ ー

流山発!工務店との家づくり

~OK!Cozy up!~

配信希望はこちらへ


 

新築一戸建てなら永久無料点検の東洋ハウジング|千葉県鎌ケ谷市・流山市ページトップへ戻る