株式会社東洋ハウジング 一級建築事務所

MENU

子育ての街。家族・ママが住みやすい、将来性のある
流山おおたかの森に住む

東武アーバンパークライン・つくばエクスプレス    

流山おおたかの森   駅徒歩9
教育 ・ 自然 ・ 交通環境 の 
整った 
分譲地。

母になるなら流山

流山市立流山おおたかの森小中学校まで徒歩4分(230m)。小中連携教育を実践し、小学校と中学校が一体となった9年間の連続した教育環境づくりを推進しています。学童クラブや子供図書館や会議室・ホールなどがある地域交流施設。子供が喜ぶイベントから、ママの為のリフレッシュサロンや、子どもづくり支援者養成講座などあり「子育て拠点」としては素晴らしい施設です。
平成29年度の全国学力学習調査の結果で流山市は小学校・中学校共に4科目の合計点で全国平均・千葉県共に上回りました。「サポート教員・指導員」などによる「分かる授業」の実践に力を入れている成果です。
子育てをしながら自分の夢も諦めない。そんなイキイキしたお母さんの家庭は楽しそう。そうした家庭が増えると街もイキイキしてきます。この街で自分の夢にチャレンジしてほしいというのが「母になるなら流山」です。
その一つとして、おソト飲みイベント「森のナイトカフェ」にママたちが好きなドリンクを片手に「子育てで忙しい毎日でも、何かやりたい!夢がある!!」と集まって語りました。そしてママが地域に紐づいた自分の夢をプレゼンし、スポンサー候補となる企業や市民たちとマッチングする“夢オークション”を開催しました。
そこで夢を叶えたり、ママ同士で連携したり。まちを舞台に輝いています!

▼ more . . .

都心に一番近い森の街

ファミリーが年間1900人も転入している流山市。
平成27年国勢調査から流山市への転入人口をみると、5年間で2万7700人が流山に転入しています。年平均で5540人が転入しています。

特に30歳台が9513人と34%も占めています。全国の30歳台の人口比は12%なので、3倍もの比率で30歳台が流山に転入していることがわかります。市別では、柏市が一番多くて3466人です。年平均で693人もの人が、柏市から流山市へ転入しています。

流山市への転入人数  (平成27年国税調査より)

流山市への転入人数

  転入者 10歳以下 30歳台 65歳以下
流山市全体 27,700 3,135 9,513 1,944
3,466 421 1,129 311
松戸市 2,777 269 953 294
野田市 1,053 93 333 132
横浜市 754 96 265 43
足立区 581 88 259 33
▼ more . . .

買って住みたい街

交通インフラが良くて、教育・自然環境が良く、おしゃれな商業があることが第一の理由で、特に流山おおたかの森駅周辺は駅徒歩10分以内に良好な分譲地があることが転入を促進しています。流山市もファミリー特にママを応援していて、「母になるなら流山」など、夢と希望に溢れるママを応援しています。それらにより「買って住みたい街ランキング」では首都圏でトップ10に入り、千葉県ではトップになっています。

ファミリーの転入が多くて、子供が多く活気がある街「流山おおたかの森」。
成長している姿を、是非現地でご確認ください。

▼ more . . .
  • ご案内時間
    10:00 - 17:30
    定休日:水・木曜日