株式会社東洋ハウジング 一級建築事務所

MENU

東洋ハウジングの物件ブログ

2018.04.30

【つくばモデルハウス nagomino / sotonaka】 みどりのモデルハウス、見どころはココ!その⑤「子ども部屋は、成長に合わせて変えられること。」

約2週間のご無沙汰です。

こんにちは、武田です。

 

きょうのつくば

あったかいを通り越して暑い!

初夏を思わせる陽気です。

 

筑波山も汗ばんでる?

霞んでぼんやり見えます。

 

さて、4月も今日がラストでしたが、

いよいよ、GWの後半戦が近づいてます。

 

今年のGW、休日がまとまっているので、

「連休」が取りやすいようですね。

中には、9連休の方もいるのだとか。

 

そんな中…

 

みどりのモデルハウス

「SENSE SPACE/五感と空間」

GWの連休も、皆様のご来場をお待ちしています。

 

*実は…楽しいイベントもやっています。

 

 

 

さて先回は わたくし 武田 が担当した

「つくばブログ」

 

前回のブログ・おさらい~

↓↓↓↓

「床の間はとこしえ(永久)」

ということで、

「床の間」にこだわって

お話ししました。

 

さてさて、今回の

見どころポイント、まだある

5か所目はココ

「子ども部屋~ロフトは大空間」

 

――― 個室は「子失」―――

 

戦後、豊かな社会を迎えた日本は、

子供部屋を与えることで、

自立を促し、個人を尊重できる。

それはとても良いことである。

という風潮がありました。

 

しかしーーーー

 

欧米では「子供部屋」はないのです。

寝るときだけ、個室に行きます。

「子供部屋」ではなく、

「寝室」なのです。

 

供は普段、

親と一緒に生活をします。

 

それは、子供は生まれたときは、

動物と同じ。

 

親が「しつけ」をすることで

徐々に「人間」に進化する

のだと思います。

 

「しつけ」が終わるまで、

親が目を離さないほうが良いのです。

 

 

赤ちゃんから小学校低学年くらいまでは、

子供に寄り添って過ごします。

寝る時も、ひと部屋で

家族みんなで「川の字」で寝る。

 

こういった、

どこの家庭でもある暮らし方が、

実は子供のしつけにはいいのです。

 

「個室を与えられた子供は

我がままになってしまう傾向がある」と、

言われることがあるようですね。

 

親の目に触れなくなって、

「何をしても自由だ」

と考えてしまいがちです。

 

期待通りに、勉強している子供は

どれ程いるのでしょうか?

(私もそうでした、反省してます)

 

個室ばかりで過ごしている子供は、

当然ながら

家族とのコミュニケーションが

少なくなってしまします。

 

その子供は、友達や先生など、

社会ともコミュニケーションの

下手な子供に

成長してしまいます。

 

最近、想像を絶する

おぞましい事件が報道されています。

やはり、個室に問題の一端があるように思います。

 

 

――― 個室はダメなの?―――

 

まだ、ウォークマンや

iPodのない時代のこと

 

私の父親世代の子供時代は

(聞いた話ですが)

今のように個室がなく、

兄弟が襖によって仕切られた部屋に

住んでいました。

 

たとえば、お兄ちゃんが受験

ということになると、

ラジカセで音楽を聴いている

隣の弟は

勉強に差し障りがある」

ということで、

ボリュームを下げて聴いていました。

 

このような何気ない日常生活から、

他人に優しくする習慣が、

身についたのでしょう。

 

また、襖越しにお父さんとお母さんの

嘆きの話を聞いてしまうこともよくあります。

 

「お兄ちゃんは、最近遊んでばかりで困った」

 

などと、襖越しに聞いた

親の嘆きは不思議とよく理解して

反省したものです。

 

面と向かって父親にお説教をされ、

正座をさせられれば、

納得半分、反発半分が

いいところですが

実際は反発全部して

しまうことも。

 

音が筒抜けになる襖の構造は、

家族が幸せに暮らし、

幸せに成長する知恵もあったのです。

 

子供に個室を与えて、

鍵までつけていることを、

「子供を失う」と書いて

「子失」言っている先生もいる程です。

 

個室はダメだ!

 

と言っているのではありません。

 

徐々に一般的に個室が必要とされるのは、

小学5年からと言われています。

 

ただし個人差が大きいので、

個室が必要な発達段階、

個室を個室として使いこなせる

発達段階に達しているか?など

見きわめが必要になります。

 

早く与えすぎたと思ったら、

無理に押しつけないことが肝心です。

 

大切なのは…

 

個室を与える、与えない

 

が問題なのではなく、

子供の成長に合わせて、

暮らし方が変えられること。

 

やはり「住まい方」が重要なのです。

 

パパママはじめ、

 

子供たちも安心して暮らせる住まい

 

家族みなさんで見学しませんか??

 

―  GWモデルハウスツアー  ―

 

(事前予約制)

【開催日時&予約状況】

○予約可能 ▲予約ご相談ください ×不可

①5月3日(木)①10:00〇 ②13:00〇 ③15:00〇

②5月4日(金)①10:00〇 ②13:00〇 ③15:00〇

③5月5日(土)①10:00〇 ②13:00〇 ③15:00〇

④5月6日(日)①10:00〇 ②13:00〇 ③15:00〇

4月30日 18:00現在

 

*ツアーの所用時間は、約1時間を想定しています。

*お客様によって時間が変更になることがあります。

↓↓↓

モデルハウス見学・来場予約する

 

 

【お問い合わせ・ご予約先】

toyo*labつくば営業所 

担当:武田・石田まで

TEL:029-849-4805

*予約は4月30日現在

詳しくは担当者にご確認くださいませ。

 

―――*****――――*****―――

 

そんな、イクメンも

チェックしている、

公式つくばInstagram・FBあります!

TKBメンバーの日常風景を垣間見ることができるので、

CHECKです!!

 

ユーザー名:toyo_lab.tkb

 

toyo*lab 公式FB

https://www.facebook.com/toyohousing/

 

 

\ それでは、つくばで逢いましょう! /

スタッフ一同、

皆さまのお越しを心よりお待ちしております!

 

以上、つくば営業所より

武田 がお送りいたしました!

また次回のブログでお会いしましょう!!!

 

――――つくばブログ・バックナンバーはこちら―――