株式会社東洋ハウジング 一級建築事務所

MENU

東洋ハウジングの物件ブログ

2019.03.30

【アフターフォローリフォーム部】今のおしゃれと昔のおしゃれ《昔編》

《ひとまず結論》◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・明治天皇の歴史を学べる聖徳記念絵画館に行ってきました

・今年の3月で着工から丸100年の記念すべき年でした

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

アフターフォローリフォーム部の橋山です。

 

南青山のオシャレスペースから歩いて10分、

明治神宮外苑に立ち寄りました。
東京生まれで港区で学生生活をしていたシティボーイの私、

この度はじめてこの地を訪れました。

 

その日の神宮球場ではヤクルトとカープが戦っていて、

スタジアムから轟く声援は私をとても興奮させます。

野球はそんなに好きでない私がそうなるのですから、

野球フリークさんにはきっとたまらないのでしょう。

 

その少し先には新国立競技場がデンとそびえ立っていて、

一年後に開催される大きな戦いの日々をつい想像してしまいます。

隈研吾さんの木を取り入れた設計が穏やかで美しく、

競技場の醸し出す猛々しさとのコントラストも興味深いです。

 

聖徳記念絵画館

たまたま近くにあったので立ち寄りました。

明治天皇を中心に成し遂げられた維新の大改革、

その輝かしい時代の勇姿と歴史的光景を史実に基づいた厳密な考証の上で描かれた80枚の名画。
一流画家による優れた芸術作品であり、政治、文化、風俗の貴重な歴史資料でもあります。

(公式HPより)

 

1919年3月5日着工、1926年10月22日竣工、工期7年間。

建築中のモノクローム写真展示を拝見しました。

足場は木製で頼りないわ、重機は無いわ。

ちょうど100年前の3月にあった建築現場のことを思うと、、、

 

 

 

 

 

正直ぞっとします。

 

 

 

 

 

そんなこんなでたまには日本の中心を見るのも楽しいものです。

1919年の最先端と2019年の最先端、

どちらもすごくかっこいいなと感じた春の日でした。

 

それではまた(・ω・)/

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★AFR部ブログのバックナンバー★

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-

アフターフォローリフォーム部

橋山 渉

TEL:0120-44-6480

MOBILE:080-3707-2994

MAIL:hashiyama@toyo-housing.jp

-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-+*+-